ハーレーのマニアックな仕様な垂涎について

ハーレー

垂涎とはものを欲しがるときに使う用語で、まさに贅沢品を手に入れる際にうってつけの言葉になります。

ハーレーとは、バイクにのっている人なら多くの人が憧れる嗜好品の極みになりますので、ぴったりの言葉です。そのようなハーレーにたいして、みんなの興味を引くような仕様も年々進化して加わるようになりました。

そのため、まわりのバイク業界の売り上げはどんどんと落ちてきていますが、ハーレーにかんしては逆に人気がどんどんと出てきております。特にマニアックな仕様が好まれるようになっています。

ユーザー自体が、普通のバイクでは満足できないために、ハーレーのような凝ったバイクを購入するのですから、自然とそのような形になっていきます。

ハーレー

さらには、マニアックな仕様は市場価値として、付加価値税をうみ出すことになり、販売価格も高価格に設定できるので、企業側の利益になり、より高品質のものを作れるようになります。購入者もまた、満足のいくものを買える好循環になります。

ハーレーのエンジンの出力を上げるマニアックな改造

ハーレー

ハーレーのパワーを向上させるカスタムとしてはエンジンの出力をアップさせる改造が代表的です。ハーレー エンジン
このバイクのエンジンに関連するカスタマイジングには複数の手法が考案されています。

その為、個々の予算や走りに求める要素などを加味した上で最適なカスタムを選択する事が重要です。最も代表的でマニアックなカスタムの一つとされるのがボアアップです。

これはシリンダーの内径を大きくして混合気の総量を増幅させる手法です。このカスタマイジングにより排気量もアップする為、ハーレーの出力を大幅に向上させる事が出来るのです。

また、この種のカスタムにはピストンの移動距離を変更するものなども見受けられますが、改造箇所が多数になり広範囲のカスタマイジングが必要です。

バイク

そのため、料金も高額になりがちです。且つ、最適な出力を得るために各部の調整作業が随時必要になることからも大変マニアックなカスタマイズの一つです。

ハーレーの排気量を変更する改造は外装のみの改造とは異なり、走りの差に繋がるものです、従って、オリジナル趣向の強いカスタムとされています。

マニアックなハーレー乗りなら知っているナックルヘッド

ハーレー

ハーレーダビッドソンのマニアックなファンの中で人気となるのが、ナックルヘッドと呼ばれる古いエンジンです。初めて登場したのが1936年で、独特の形状から魅了される人も多いのですが、ロッカーアームのカバーがナックル状になっていることから名付けられたエンジンとなります。

ハーレーが開発した初のOHVエンジンで、当初は排気量988cc、40ps/4,500rpmというスペックでしたが、年々改良を重ねて1942年までには排気量が1200ccと大幅に向上しています。

数字だけを見ると大したことはないように見えますが、60年以上前の当時としてはハイスペックなものとなっています。ハーレーではビッグツインの原点として存在するだけあり、非常に重要な立ち位置となるエンジンです。

当初はオイル漏れが酷く、故障やオーバーヒートといった問題も指摘されていたほどですが、後年には多くの問題点を改善し、生産が終了する1947年まで人気のあったエンジンとなっています。

バイク